DXマーク認証制度

制度概要

5. DXアドバイザー制度について

申請者が申請を希望されるにあたりまして、必要要件や対策など適切なアドバイスが必要となる場合、および継続的な支援や認証に必要となる人材を確保できていない場合にそなえ、当協会の資格試験に合格した方を「DXアドバイザー」として資格供与しております。
(DXアドバイザーによるアドバイスは、申請者とアドバイザー間における直接契約となります)

  • DXアドバイザー制度の目的

    DXアドバイザー制度は、アドバイザーとしての自覚とプロとしての責任をもとに、DXマーク制度の拡大と事業者のDX化を支援するクオリティを維持・向上させるための制度です。

  • DXアドバイザーの使命

    DX化を進める上において「何を・どこから・どうやって」と悩む事業者が多い中、DXアドバイザーは事業者に寄り添い、適切な現場分析と目標にむけた対策を共に進めます。DXアドバイザーは豊富な知識と多様な経験を生かして、適切なアドバイスを提供することで、事業者の変革への基盤づくりを支援致します。

  • DXアドバイザーの概要

    • 適切な支援をするために多岐にわたる知見と専門性が要求されるため、アドバイザーのスキルレベルを試験により確認し、対応能力も考慮したうえで、3段階に分けたアドバイザー資格を供与いたします。
    • 資格付与ランク

      • スペシャリスト(2021年4月開始)
      • エキスパート(2021年9月開始予定)
      • プロフェッショナル(2021年12月開始予定)
    • 個人情報保護法や各種法制の改定、日進月歩のデジタル環境・IT情報、多様化したDX化事例情報を正しく知識として保持し、適切なアドバイスができるスキルを担保するため、資格供与後は1年ごとに資格維持のための更新学習と資格試験を実施し、合格者のみ更新ができることにしております。
    • 資格取得のための学習支援としての研修(別途有料)も用意しております。
    • DXアドバイザーは、認証申請を希望される事業者と直接、アドバイザー契約を締結頂きますので、当協会による事業者紹介を約束するものではありません。また、事業者とのアドバイス契約においても適正な価格での提供を基本としていただきますので、DXアドバイザー資格規程に沿った運用をいただくことになります。
    • DXアドバイザーは「DXアドバイザー」のロゴマーク使用規程に従い、「DXアドバイザー」マークを使用することが可能です。
    DXアドバイザーロゴ
  • DXアドバイザーの要件

    国籍・年齢・性別等に制限はありません。
    (但し、当協会が実施するDXアドバイザー資格試験に合格すること、DXアドバイザー規程を順守することが条件となります。)

  • 認証支援事業者について

    認証支援事業者は、DXマーク認証制度の社会的責任と意義を理解し、DXマーク認証制度の普及促進活動と自団体の従事者をDXアドバイザーとして推進計画にそって活動させ、適切に管理運営できる体制を構築している事業者を当協会が申請に基づき認定致します。

    認証支援事業者の活動

    • 自社所属のDXアドバイザーが活動できる環境の整備に努める
    • 自社所属のDXアドバイザーの管理監督
    • DXマーク認証制度の啓発と申請候補者の紹介や創出活動
    • 推進活動にかかる計画と実行
    • 当協会との情報共有ほか
    認証支援事業者とDXアドバイザーの関係

(補足)認証支援事業者とDXアドバイザーの初期運営対応について

DXマーク認証制度のサービス開始に伴い、申請者の支援を行うためのDXアドバイザー制度を設けておりますが、当初は安定的なアドバイザー人員確保とサービスクオリティを確保する為、認証支援事業者として申請いただき当協会が認定した事業者の従事者を対象として、DXアドバイザー試験を第1回DXアドバイザー試験として実施いたします。

試験に合格された方をDXアドバイザーとして認定し、認証支援事業者による管理監督および共有している推進計画に基づき、DXアドバイザーとして活動をいただきます。

なお、認証支援事業者以外のDXアドバイザーの一般募集は2021年夏から開始する予定でございます。

※認証支援事業者としての認定をご希望の事業者様は運営事務局にお問い合わせお願い致します。