ESGマーク

ESGマーク認証制度

2024年4月1日WEB申請受付受付開始

ESGマーク認証制度は
中小企業のための
企業が果たさなければならない
環境社会企業統治
推進している組織を認証する制度です。

ここが大事!

ESGマーク認証とは

当協会では、DX推進やデジタル人材育成など、国策にそった政策をもとに、中小企業の方々に、啓発活動と「選ばれる企業」になるための認証制度(DXマーク認証制度)を提供しております。

そのような中、世界的に、企業に対する要求事項が多様な形で高まっている現状を踏まえ、これから押し寄せる大きな波に流されることなく、しっかりと対応できる経営を支えるべく、「環境・社会・企業統治」に対する取組を第三者として認証する「ESGマーク認証制度」を提供いたします。

既にお気づきのように、企業統治(ガバナンス)にかかる失態が企業の命運を左右する事件が多発しており、企業経営における大きなリスクになっており、環境に対する取組、人的資本にかかる取組も企業として襟を正すことが、企業の永続的発展には不可欠であります。

また、国際企業や上場企業が「ESG投資」という観点で自社の姿勢や体制を早急に構築している現状もあり、この流れは、必然的に、大企業から中小企業へ同様のドレスコードを整えることを要求してくるものと考えられます。

ESG経営の観点にそぐわない企業は、たとえ利益を上げていても評価されないという社会になることから、いち早く、中小企業の方々に、この社会変化を啓発すると共に迅速に対応いただき、選ばれる企業になるための施策としてご活用いただきたいと考えております。

ESG経営に必要とされる環境・社会・企業統治の各項目において、備えなくてはいけない組織・体制づくりを項目別に定め、選ばれる事業者になるために必要となる項目をとりまとめて評価する「ESGマーク認証制度」を是非、ご活用頂きたくお願い申し上げます。

認証審査項目

申請対象 全ての事業者が対象となります。
(法人と個人事業者。法人は会社だけではなく、公益法人等も含みます)
申請方法 当協会ホームページ上にWEBポータル申請画面を公開致します。
登録の為のアカウントを設定いただき、申請者用ポータルサイトにアクセスいただいた後、申請書類群(申請書類数は約15種類の予定)をPDFにてアップロード頂きます。
審査方法 ①申請の後、ESG最高責任者(代表者)にWEB試験を受験頂き、合格することが必要です。
②申請書類について書類審査を実施します。
③書類審査通過後は、審査員によるリモート面談審査を実施します。
④リモート面談審査にて合格した申請者情報をもとに、認証判定委員会を開催し、審議致します。
⑤判定委員会にて適格判定となりましたら認証となります。
審査項目 「環境」「社会」「企業統治」の3つの観点に対し、各分類ごとに
「大項目・中項目・小項目」に細分化した評価項目を審査対象としております。

●環境   大項目:5  中項目:11  小項目:18
●社会   大項目:6  中項目:12  小項目:28
●企業統治 大項目:4  中項目:16  小項目:55

合計    大項目:15 中項目:39  小項目:101
各審査項目の詳細はリリース時に公開致します。
各申請書を作成する為の作成ガイドラインをご用意する予定です。

ESGとは?

企業の持続的な成長と
企業価値の最大化を目指すための指標

ESGは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取った言葉になります。企業の成長のためには、これらの観点から事業機会やリスクの把握が必要です。ESGへの不十分な取り組みがある企業は大きなリスクを抱え、長期的な成長が難しいと考えられています。このアプローチは現在広がりつつあり、企業の継続可能な発展を測る指標として注目されています。

認証項目細目

  • 環境(Environment)

    • 脱炭素経営
      • 気候変動におけるガバナンス
      • 気候変動におけるリスク管理
      • 戦略
      • 指標と目標
      • GHG排出量の可視化と削減の取り組み
    • 環境保全
      • 森林保全の取り組み
      • 海洋保全の取り組み
    • 環境汚染対策
      • 有害物質・廃棄物の可視化と削減の取り組み
    • 水質保全
      • 水使用量の可視化と削除の取り組み
    • 環境対応推進
      • 自社(グループ)
      • 顧客・株主・取引先
  • 社会(Social)

    • 労働安全衛生
      • 規則・労働条件
      • 休暇制度
      • 労災
    • 人権と多様性
      • 人権に対する制度・仕組み
      • 女性活躍推進
      • ダイバーシティ&インクルージョン(多様性と包摂性)
    • 健康経営
      • 従業員の健康状態把握
      • 基本方針と改善計画
    • 顧客責任
      • 製品・サービス
    • 人的資本経営
      • 自社(グループ)
      • 顧客・株主・取引先
    • 地域社会
      • 地域社会との関わり
  • 企業統治(Governance)

    • 企業統治
      • 株主以外のステークホルダー
      • 適切な情報開示と透明性の確保
      • 経営陣の役割・責務
    • リスクマネジメント
      • 事業への浸透
      • リスクマネジメントシステムの適切な運用
      • 把握と対処
      • リスクマネジメントのプロセス
    • コンプライアンス
      • 基本方針と改善計画
      • 組織体制・運営
      • 内部通報体制
      • 不正防止・調査
      • 内容の記録・報告
    • 会計・税の透明性
      • 組織体制・運営
      • 法令遵守
      • 啓蒙活動および税務リスクの軽減
      • 税務当局との関係
審査費用 審査費用については、リリース時に公開致します。
認証有効期間 ●認証取得後の有効期間は2年間。
 (1年経過時に中間審査としてESG責任者ヒヤリングもしくはWEB試験を受験頂きます)
 更新は更に有効期間が2年間延長となりますが、1年経過時の中間審査に合格していることが必要です。
認証取得事業者 ●ESGマーク認証事業者は当協会ホームページにて基本情報およびESG宣言書などを公開致します。
 (WEBにおけるSEO対策にもご活用頂けます)

●ESGマーク認証楯をご提供いたします。

●ESGマークのロゴ使用が可能となります。
 ロゴ使用規定に基づき、名刺や自社ホームページ他に掲載が可能となります。
お問合せ 「本制度に関するご質問などございましたら、お問い合わせページよりお問い合わせください。

※上記の概要にかかる内容および日程等につきましては、サービスリリース前に一部変更の可能性がございます。

東京都新宿区市谷田町1-19-2 ECS第19ビル5F
一般社団法人中小企業個人情報セキュリティー推進協会
ESGマーク認証制度事務局